金色のコルダ2アンコール 2

さてさて必死こいて昨日までに引継ぎ通常とも全ED終了しました。

駆け足過ぎて実は志水と火原の引継イベント詳細をイマイチ覚えてないたわけですが(←ダメダメ)

最強天然キャラと大型犬には要注意ということで。
特に大型犬のほうはなまじ無邪気すぎたのでまったく身構えてなかったので、引継ぎの最終イベントにはやられました。
とりあえず、直球勝負キャラはすさんだ私には眩しすぎます。

そして最萌とかいて最笑いの柚木。
柚木Ver.の主人公はどちらかというと柚木に対しては天然系もしくは従順系なイメージの強い選択肢が多かったのですが、今回はやってくれました。

「手をひっこめる」

いやー、ブラック柚木に対してこの選択肢があるとは思いもよらず、勇者、主人公降臨!などど思いながら、ワクテクしながら選んでしまいました。

まあ、その後ホワイトに戻ってしまった柚木に、一瞬イベント失敗か!?と冷や汗をかきましたが。

で、ですね、柚木さん、音楽の家庭教師といいながらひそかに柚木家の嫁教育をしていませんか?

いい物を見て触れて心の中に綺麗なものを増やしていけといいますが、それは暗に柚木家の嫁ならこの程度のものには物怖じせずに慣れおけと暗におしゃってませんか?
私のうがちすぎですか?

さて、ストーカー青年こと加地。
一体、君はどれだけ主人公のこと好きなんでしょうね~。
好きすぎて手を握るのも触れることすれ出来ないって、一体いつの時代の学生なんでしょうか?
積極的な主人公にあせる加地という世にも珍しいものが見れたので愉快でしたが。

年長組ですが、個人的に楽しかったのは理事長でした。
某ときメモガールズの某ヒ○ロッチを彷彿させるスチルには大うけしました。
個別イベントにも関わらず一切甘さのないことも気に入りました。教え子に本気になってヘタれているのはどこぞの音楽教師だけで十分ですから。
恋人というよりは同志という関係が一番近いですかね。
ファータに振り回される被害者同士――運命共同体といったとこでしょうか?
あの理事長がファータの実験台にさせらて強力目薬の影響で泣きながらピアノの演奏ってプププ以外の何者でもないとおもいます。

総じて今回も楽しませてもらいました。まだまだ小イベント等の見過ごしはありますが、以後はもう少し落ち着いてゆっくりとプレイしていこうと思います。

購入後の水曜日から日曜日までほとんどシアンをかまわずにいたので罪悪感バリバリです……
[PR]
by sanga0310 | 2007-09-24 10:28 | 金色のコルダ

コメントは承認制にさせていただいています。そのときにプレイしているゲームや日常の出来事日記 たまに腐れ方向に…の予定でしたが、最近はボーダーコリー シアン日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30